fc2ブログ
11 | 2023/12 | 01
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ

最新記事

リンク

プロフィール

JohnScoMania

Author:JohnScoMania
ジョン・スコフィールドの活動を長年フォローしてきています。またトム&ジェリーの音楽探求、アメリカ横断ウルトラクイズの使用曲も収集しています。

アクセスカウンター

Various Artists / As Long as You're Living Yours - The Music Of Keith Jarrett (2000)

2014.09.22 10:00|1990's
As Long As You're Living YoursVarious Artists
"As Long as You're Living Yours - The Music Of Keith Jarrett"
Label:BMG Entertainment
Released:2000
Recorded:1999
(CD)BVCJ-31019

Tracklist:
01. Backhand / Bruce Hornsby
02. U Dance / Chucho Valdes & Jay Rodriguez
03. Coral / John Scofield
04. Innocence / George Garzone
05. Book of Ways #9 / Nadja Salerno-Sonnenberg
06. So Tender / Nueva Rumba
07. Starbright / Mike Mainieri
08. Book of Ways #10 / Flux Quartet
09. The Cure / Jimmy Greene
10. Shades of Jazz / Joe Lovano & Tom Harrell
11. Somewhere Before / Don Byron
12. Prism / Andy Summers
13. Everything That Lives Laments / D.D. Jackson

 キース・ジャレットの作曲家としての側面を捉えたカヴァー集に、ジョンスコはデニス・アーウィンとラルフ・ピーターソンとのトリオで参加。「Coral」を取り上げています。録音日の表記はありませんが1999年中と推測。しっとりとした演奏でアイバニーズAS200が久々本来の音で聴ける(笑)。個人的には「Shades Of Jazz」に参加して欲しかった。全員ジョンスコ人脈なのだ!それはさておき、すごく多彩なサウンドが収められていて飽きさせない。ジャズ方面のみならずブルース・ホーンズビーにアンディ・サマーズといったロック系からクラシック系のアーティストまで参加していて、ジョンスコも食われ気味!?
スポンサーサイト



Various Artists / Celebrating The Music Of Weather Report (2000)

2014.09.13 10:00|1990's
celebrating the musc of weather reportVarious Artists
"Celebrating The Music Of Weather Report"
Label:Telarc
Released:2000
Recorded:1999
(CD)PHCD-1590

Tracklist:
1 Birdland
2 Elegant People
3 Badia
4 Young And Fine
5 Cannonball
6 Pursuit Of The Woman With The Feathered Hat
7 Mysterious Traveller
8 Harlequin
9 Man In The Green Shirt
10 Palladium
11 Cucumber Slumber

Credits:
Bass – Mike Pope, Will Lee, John Patitucci, Victor Bailey, Marcus Miller
Guitar – Chuck Loeb, Dean Brown, John Scofield
Keyboards – Jason Miles
Piano – Joe Sample
Synthesizer – Tom Schuman
Samples [Vocal] – Take 6
Vocals – Mary Fahl, Porter Carroll
Congas, Bongos – Mark Quinones
Percussion, Shaker – Cyro Baptista
Pans – Andy Narell
Drums – Dennis Chambers, Vinnie Colaiuta, Steve Gadd, Omar Hakim
Saxophone – Michael Brecker, Aaron Heick, David Sanborn, Jay Beckenstein
Trumpet – Randy Brecker
Producer, Arranged By – Jason Miles

 超豪華メンバーが集結したウェザー・リポートのトリビュート・アルバム。録音日の表記がありませんが1999年中と推測します。ジョンスコはアルバム『ミステリアス・トラベラー』収録の「Cucumber Slumber」に参加。メンバーがすごい。デニチェンのドラムにマーカスのべースによるリズム隊です。いつも通りのウネウネ・ジョンスコ節ですが、作り込まれていて窮屈そうな印象も受けます。キーボードは必要ないんじゃないか?そのキーボーディストが本作の企画者なわけだけど。





DENNIS CHAMBERS: デニス・チェンバース
dennischambers550cx.jpgDennis Milton Chambers (born May 9, 1959) is an American drummer. He was inducted into the Modern Drummer Hall of Fame in 2001.He has recorded and performed with Tommy Coster, John Scofield, George Duke, Victor Wooten, Brecker Brothers, Santana, Parliament/Funkadelic, John McLaughlin, Niacin, Mike Stern, CAB, Greg Howe, and many others. In December 2004, Chambers was awarded an Honorary Doctorate of Music from Berklee College of Music during the inauguration of former president, Roger H. Brown.
 アメリカ合衆国のドラマーで、ジョン・スコフィールド、ジョージ・デューク、ブレッカー・ブラザーズ、サンタナ、パーラメント/ファンカデリック(Pファンク)、ジョン・マクラフリン、マイク・スターン、グレッグ・ハウなど、多数のミュージシャンたちと共に録音を行い、共演。あらゆるジャンルで活躍するセッションドラマーで、ハイスピードで手数の多いドラミングで知られる。重戦車のような重いビートはどんなアーティストと演奏しても、乱れることのない強固なリズムを生み出している。

Chris Minh Doky / Listen Up! (2000)

2014.09.12 10:00|1990's
Listen UpChris Minh Doky
"Listen Up!"
Label:HoriPro Inc. / Videoarts Music
Released:2000
Recorded:1999
(CD)VACM-1154

Tracklist:
1. The Dapper King (4:50) [Chris Minh Doky]
2. 1999/Cantaloupe Island (3:57) [Prince / Herbie Hancock]
3. All At Once (4:54) [Bonnie Raitt]
4. Rocks (5:24) [Randy Brecker]
5. Eternally (4:12) [Katreese Barmes]
6. Was (5:32) [Adam Rogers]
7. Sacro Monte (3:50) [Louis Winsberg]
8. Doky Folky (3:21) [Louis Winsberg]
9. Rain (4:10) [Chris Minh Doky]
10. Asiacanese (5:28) [Chris Minh Doky]
11. Mornings (3:45) [Aske Bentzon]
12. Reincarnated (2:08) [Chris Minh Doky, George Whitty]

Credits:
Chris Minh Doky : acoustic bass, vocals, handclaps, percussion on 8
Larry Goldings : organ, piano
George Whitty : Wurlizer, Rhodes, additional keyboards on 8,9,10,11,12, additional percussion, dirt on 1,4,6,8,9,10,12
Adam Rogers : electric guitar, acoustic guitar
Louis Winsberg : acoustic guitar (on 7,8,9), sitar, luz, vocals, handclaps, percussion on 8
Clarence Penn : drums
John Scofield : guitar solo on 4
Kenny Garrett : alto saxophone solo on 1
Makoto Ozone : piano solo on 7
Katreese Barnes : vocals on 2,5
Randy Brecker : trumpet solo on 2
Bernie Winsberg : vocals, handclaps, percussion on 8
Gil Goldstein : string quartet arrange and conduct
Strings Quartet : Louise Schulman, Myron Lutzke, Richard Locker, Tack Kulowitsch on 3,12

 デンマークのジャズ・ベーシスト、クリス・ミン・ドーキーのアルバムにジョンスコは1曲「Rocks」のギター・ソロで参加。録音日の表記がありませんが1999年中と推測。ランディ・ブレッカー作曲のコンテンポラリーなナンバーでいつものウネウネを一発。アルバム自体はクリスの歌うようなベース・プレイとラリー・ゴールディングスのオルガンとピアノ、アダム・ロジャースのギターが中心となって変幻自在のスタイリッシュなサウンドを披露しています。





LARRY GOLDINGS: ラリー・ゴールディングス
Lgoldings1_web.jpgLawrence Sam Goldings (born August 28, 1968) is an American pianist, organist, and composer. He has collaborated with musicians such as Maceo Parker, John Scofield, Carla Bley, Michael Brecker and Pat Metheny, John Pizzarelli, Jack DeJohnette, Anthony Wilson and Jim Keltner, Mike Viola, and Charlie Haden, in genres including jazz, Brazilian, funk, and pop music.
 ジャズ・ピアニストとして活動を始め、オルガン・プレイヤーとしてはメイシオ・パーカーとのソウルフルな演奏が注目、ジョン・スコフィールド、パット・メセニー、マイケル・ブレッカー、ジャック・ディジョネット、ジェームス・テイラーといった著名なアーティスト達と共演。数えきれないほどのレコーディングで作曲、アレンジを提供している。

John Scofield / Bump (2000)

2014.09.09 18:00|1990's
bump.jpgJohn Scofield
"Bump"
Label:Verve Records
Released:2000
Recorded:1999 Fall
(CD)314 543 430-2

Tracklist:
1 Three Sisters 5:42
2 Chichon 7:21
3 Beep Beep 4:17
4 Kelpers 4:31
5 Groan Man 7:20
6 Fez 3:47
7 Blackout 4:05
8 Kilgeffen 2:06
9 We Are Not Alone 4:32
10 Swinganova 5:38
11 Drop And Roll 4:59
12 Kilgeffen (Reprise) 1:06

Credits:
Guitar – John Scofield
Keyboards – Mark De Gli Antoni
Bass – Chris Wood, David Livolsi, Tony Scherr
Drums – Eric Kalb, Kenny Wollesen
Percussion – Johnny Almendra, Johnny Durkin
Composed By – John Scofield
Executive Producer – Susan Scofield
Mastered By – Greg Calbi
Mixed By – Joe Ferla
Engineer [Assistant] – Andrea Yankovsky
Recorded By – Joe Ferla, Kevin Killen

Notes:
Recorded at Avatar Studios, New York, Fall 1999
Enhanced CD - features photos and behind-the-scenes video footage from the Bump recording sessions

 日本盤はボーナス・トラックが収められていますが、輸入盤はエンハンスドCD仕様になっています。フォト・ギャラリーと10分に及ぶ映像が収められており、ジョンスコしゃべるしゃべる!2分半、新作について熱く語っています。レコーディングのセッティング風景やドラマーのエリック・カーブに口でおかずの説明を一生懸命する姿が微笑ましい。最後の5分間は「Blackout - Alternate take - complete studio take」が収められマニアには嬉しい映像となっています!
 
 
 


JOHN SCOFIELD’S GUITARS, EFFECTS, AMPS

"MATCHLESS HC-30 GREEN SAMPSON-ERA"
マッチレスアンプジョン・スコフィールドが1997年の”The New Standard”ツアーで使用した1997年製のHC-30。チューブレス・アンプの名器DC-30のヘッドアンプバージョンで、生産数が少なく、とくに1995~1997年のマーク・サンプソン在籍時の最終期のものは稀少。

John Scofield / Bump (+1) (2000)

2014.09.09 10:00|1990's
bump.jpgJohn Scofield
"Bump (+1)"
Label:Verve Records
Released:2000
Recorded:1999 Fall
(CD)POCJ-1477

Tracklist:
1 Three Sisters 5:42
2 Chichon 7:21
3 Beep Beep 4:17
4 Kelpers 4:31
5 Groan Man 7:20
6 Fez 3:47
7 Blackout 4:05
8 Kilgeffen 2:06
9 We Are Not Alone 4:32
10 Swinganova 5:38
11 Drop And Roll 4:59
12 Kilgeffen (Reprise) 1:06
13 Simply Put (Bonus track) 5:05

Credits:
Guitar – John Scofield
Keyboards – Mark De Gli Antoni
Bass – Chris Wood, David Livolsi, Tony Scherr
Drums – Eric Kalb, Kenny Wollesen
Percussion – Johnny Almendra, Johnny Durkin
Composed By – John Scofield
Executive Producer – Susan Scofield
Mastered By – Greg Calbi
Mixed By – Joe Ferla
Engineer [Assistant] – Andrea Yankovsky
Recorded By – Joe Ferla, Kevin Killen

Notes:
Recorded at Avatar Studios, New York, Fall 1999

 1999年秋、ジョンスコの元にジャム・バンド・シーンを代表するバンドからツワモノが集結。メデスキ・マーティン&ウッド、ソウル・コフィング、ディープ・バナナ・ブラックアウト、セックス・モブといった、ロック~ファンク系・オルタナ~アンダーグラウンド系のジャム・バンドのメンバーがジョンスコの考えるジャム・バンド・ミュージックに共謀しています。とにかくジョンスコ節ブリブリで弾きまくっています。DJロジックとの共演の影響か、弦を爪で引っ掻いてスクラッチ音を真似したり、サンプリング・プレイを模したプレイなどさらに引き出しが増しています。第3期黄金時代の重要作!

《この頃のジョンスコの愛聴アーティスト》
ナイン・インチ・ネイルズ、ジュリアナ・ハットフィールド、エイフェックス・ツイン
 
 
 


JOHN SCOFIELD'S GUITARS, EFFECTS, AMPS

"PAUL REED SMITH SE HOLLOWBODY - SUNBURST"
paulreedsmith se1998年秋から1999年にかけて使用していたPRS製のギター。現行品とは違い、コントロール・ノブやスイッチの位置、サンバーストのカラーリングがジョンの愛器アイバニーズのAS200に寄せてある。メーカーから「返してくれ」といわれたそうで、「なんだ、くれるんじゃないのか?」と一応訊いてみたらしい。